読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尾燈去ル

生きるための記録。

大人になるということ

大人になるということについて。

 

家族と会った帰り、窮屈な電車に揺られながら、両親について考えていた。

 

昔、何もかもが嫌でひたすら自己嫌悪に陥っていた時代があった。

皆そうだと思うけれど、自己嫌悪のスパイラルに陥ると、まず現状が嫌になって凡ゆる人間と己の顔すら厭い、過去の不遇を呪い、最後には未来への希望すら消え失せる。

時間軸で己を追い詰めた挙句、出口のない怨念は血縁へ遡る。

こんな惨めな己を産んだのは誰か。他でもない両親である。親さえいなければ、自分はこの世に生を受けなくて済んだのに…何度考えたことだろう。

 

大人とは?

ビートたけし「若い時、色んな名誉とかお金とか、異常に興味を示した自分がほんとに嫌だったなぁって思うときに、オレも少しは大人になったかな。」

 

20代はどうだった?

ビートたけし「20代、寂しかったね。やることわかんないし。」

 


妻夫木聡 ビートたけし CM サッポロ 黒ラベル 60s 大人エレベーター

 

自分を追い込み尽くして、孤独に彷徨っていた時代もあった。

頭でっかちに堂々巡りの思考を繰り返して袋小路に陥っていた時、目の前にたった1本だけ糸が垂らされていることに気がついた。それが両親との血の繋がりだった。

こと、その事相に至って血縁は救いに転じた。

 

何時か、両親を喪った時に、そのたった1本の糸は無くなってしまう。

だから、人は子供を作るのだろうか。